ライフプランと住宅ローンの素敵な関係
2019年2月18日 | カテゴリ:コラム,ライフプラン,住宅ローン

ライフプランと住宅ローンの素敵な関係


住宅ローンを検討されている方にとってライフプランの作成はかかせないものです。住宅という大きな買い物をするときは、計画的にお金の準備ができていれば安心ですが、購入のタイミングによっては将来家計が圧迫されることもあります。そのような事にならないためにも、ライフプランでしっかりとした資金計画をたてなければなりません。今回は住宅ローンとライフプランの素敵な関係を紹介します。

ライフプランとは

ライフプランとは、現在の自分の収支・貯蓄状況を洗い出して、今後にかかるであろう資金を把握することで、自分の人生プランをたてていくことを言います。

ライフイベントにはお金がかかることが多々あるので、自分のキャッシュフローや資産や負債などを理解しないかぎり、人生で生じるマネーイベントには対応はできないのです。

ライフプランを作ると解る事

ライフプランを作ることによって以下の事が分かります
自分の現在の収支や資産状況がわかる
今後の人生にかかるお金がわかる
家計の見直し部分がわかる

自分の現在の資産状況が把握できていないのに、大きな買い物はできません。後々、自分の首をしめることになります。また、今後の人生にはお金がかかるステージやイベントが必ずあります。その都度行き当たりばったりで支払いをしていると、気づいたときにはこんなに貯蓄がなくなっているという事にもなるかもしれません。

そんな不安を払拭するためにも、ライフプランを作成してから家計の見直しをして、その後に、やっと大金が必要な住宅購入を考えることができます。

ライフプランと住宅ローンの相性の良さ

住宅購入資金を準備する上でまず考慮されるのが住宅ローンです。
何千万円という住宅を自己資金で購入することは難しいため、住宅を担保にして金融機関から借り入れします。

住宅ローンは多様な組み方を考えることができ、それこそ前述で話したライフプラン作成によって得られた結果を踏まえながら、自分に合った住宅ローンを組んでいけばよいのです。

例えば 夫・妻・子供が2人のご家庭の場合、住宅の購入を検討していてもお子さんの教育資金も同時に考えなければなりません。ライフプランで家計を見直して、今後にかかってくる資金を把握していれば、どんな住宅ローンを組めば家計が上手く回っていくのかがわかるのです。

しかし、ライフプランをたてずに住宅ローンを組んでしまった場合は、毎月の返済額に追われ、お子さんたちの教育費を削ることになり、希望の進学プランをあきらめなくてはいけなくなるかもしれません。

何より、毎月、家計の不安を抱えながらの生活はよくありません。

まとめ:住宅ローンを借入れする際は必ずライフプランを組もう

また住宅ローンを組む際には、どのくらいのローンが借りられるのか、ローン審査が通るのか、目先のことを心配しがちではあります。

ですが、住宅ローンは人生の中で長い期間付き合わなくてはならない資金計画なのです。
せっかく購入したお気に入りの住まいで素敵な人生を過ごすためには、まずはしっかりライフプランを作成してから、住宅ローンの計画をたててみることをおすすめします。

◯関連記事
ライフプランを作成するならファイナンシャルプランナーと相談しよう!

住宅ローンの連帯債務とは?ファイナンシャルプランナーが解説

FP(ファイナンシャルプランナー)相談申込み
新宿・代々木・恵比寿・大門にご相談窓口がございます。